HOME > 糖尿病の予防と対策 > 糖尿病の合併症

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

糖尿病の合併症

糖尿病の3大合併症
 
糖尿病網膜症
目の網膜の毛細血胃に障害か起き視力か弱まります。なかにはこは失明する場合もあります。
また、緑内障や白内障の症状か現れる場合もあります。
 
糖尿病腎症
尿中に放出されるたんばく質の量がだんだん多くなり、腎臓の機能か低下してきます。
腎臓か正常に働かなくなると、人工透析などの治療が必要になり、日常生活に大きな影響を及ぼします。
 
糖尿病神経障害
合併症の中でも、初期のうちから見られるのが神経障害で「全身の末梢神経」・「自律神経」などに障害が生じます。そのほかの症状として、発汗異常・下痢や便秘・立ちくらみ・インポテンツなとがあります。

関連ページ

  1. 糖尿病とは?
  2. 糖尿病の症状
  3. 糖尿病のセルフチエック
  4. 糖尿病の合併症
  5. 糖尿病予防の注意点