HOME > 脂肪肝の予防と対策 > 脂肪肝の原因

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

脂肪肝の原因

脂肪肝の原因
 
糖尿病の場合
糖尿病によりインスリン分泌が低下すると、肝臓で中性脂肪も多く作られ脂肪肝を引き起こしやすくなります。
 
アルコールによる場合
過剰に摂取されたアルコールは分解できずに脂肪酸として肝臓に取り込まれ、中性脂肪として蓄積されるため発病します。
 
糖尿病による場合
糖尿病によりインスリン分泌が低下すると、肝臓で中性脂肪も多く作られ脂肪肝を引き起こしやすくなります。
 
薬物性の場合
ホルモン剤などの特殊な薬剤によって引き起こされることがあります。
 
栄養過多による場合
食べすぎなどの原因や、不規則な食事・運動不足などの生活習慣も影響しています。

関連ページ

  1. 脂肪肝とは?
  2. 脂肪肝の原因
  3. 脂肪肝のセルフチェック
  4. 脂肪肝予防の注意点