HOME > 脂肪肝の予防と対策 > 脂肪肝予防の注意点

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

脂肪肝予防の注意点

脂肪肝予防の注意点
 
1.アルコールは控える
アルコールが原因で脂肪肝になっていると疑われる場合はすぐ禁酒をする、できない場合は、量を減らし、毎日飲まないようにする。
 
2.野菜や海藻類をたくさん摂る
野菜や海藻類に含まれるビタミンやミネラルは動脈硬化を防ぐ効果があるのでたくさん摂る。
 
3.食生活の見直しをする
脂質の多い食品や肉類を減らして魚を食べるようにする。
 
4.甘いものは控える
清涼飲料水(砂糖が入ったもの〕菓子類など砂糖の過剰摂取は厳禁。
 
5.果物を適量を摂るようにする。
摂りすぎなければ健康によい食品だが、摂り過ぎは果糖が脂肪肝を招いてしまい肥満につながる。
 
6.肥満症に注意
肥満症の半分以上は脂肪肝になるので注意が必要。
 
7.適度な運動を心がける
運動は血液中の脂質を低下させ、脂肪肝の予防につなかるので、ジョギングなどの軽い運動を行うようにする。
    
血圧をまめにチェックする
高血圧の状態を見逃さないよう定期的にチェックする

関連ページ

  1. 脂肪肝とは?
  2. 脂肪肝の原因
  3. 脂肪肝のセルフチェック
  4. 脂肪肝予防の注意点