肝硬変(かんこうへん)は慢性の肝障害が進行した結果、肝細胞が死滅・減少し線維組織によって置換され、結果的に肝臓が硬く変化し、肝機能が減衰した状態をいいます。

肝硬変の予防と対策

肝硬変とは?

肝臓の炎症が繰り返されていくうちに肝臓が硬くなって萎縮し、代謝や解毒など肝臓本来の働きが十分にできなくなってしまった状態です。

肝硬変の原因と症状

肝硬変は、ウイルス性肝炎による慢性肝炎とアルコール性肝障害などが主な原因となります。

肝硬変のセルフチェック

肝硬変のセルフチェックは肥満ぎみである・タバコを吸う・お酒は毎日飲む・食生活が不規則であるなどの項目がある。

肝硬変の合併症

肝硬変の合併症には肝性脳症・腹水・食道静脈瘤・痔などがあります。

肝硬変予防の注意点

肝硬変予防の注意点はお酒は控える・野菜をたくさん摂る・不規則な生活を改善する・食生活の見直しをするなどがある。