HOME > 肝硬変の予防と対策 > 肝硬変の原因と症状

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

肝硬変の原因と症状

肝硬変の原因と症状
 
肝硬変は、ウイルス性肝炎による慢性肝炎とアルコール性肝障害などが主な原因となります。
 
ウイルス性肝炎の場合は、ウイルスに感染したために起こる病気ですが、アルコール性肝障害の場合は、アルコールの過剰摂取が原因で発症するので、まさしく生活習慣によって引き起こされる病気です。
しかし、アルコールだけが原因で肝硬変になる人は意外と少なく、日本では全体の10%くらいだといわれています。
 
肝硬変の症状
 
腹部膨満感→倦怠感・疲労感→手のひらの親指や小指の付け根が赤くなる→皮膚の色が黒ずむ→意識障害・黄疸→食道静脈瘤などを合併して嘔吐など

関連ページ

  1. 肝硬変とは?
  2. 肝硬変の原因と症状
  3. 肝硬変のセルフチェック
  4. 肝硬変の合併症
  5. 肝硬変予防の注意点