HOME > 肝硬変の予防と対策 > 肝硬変の合併症

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

肝硬変の合併症

肝硬変の合併症
 
肝性脳症
肝臓の機能か低下するため、研高手れなかったアンモニアが脳に達して精神症状や意識障害を起こします。
 
食道静脈瘤
肝臓から逆流した血液が、細い静脈に流れ込みコブのようなものを作り静脈瘤できます。
痛みや異物感等の自覚症状も無いので定期的な検査をうけ、破裂を防止しなけれはなりません。
 
腹水
腹郡に水かたまりお階がふくらんだ状態で、肝硬変にともなう症状のひとつです。
 
 
肛門の静脈が腫れて出血したりします。

関連ページ

  1. 肝硬変とは?
  2. 肝硬変の原因と症状
  3. 肝硬変のセルフチェック
  4. 肝硬変の合併症
  5. 肝硬変予防の注意点