胃潰瘍(いかいよう)は、胃酸と、胃酸から胃壁を守る粘液の分泌とのバランスが胃酸によって胃壁に穴が痛みを感じたり、出血を起こす病気である。

胃炎・胃潰瘍の予防と対策

胃炎・胃潰瘍とは?

胃炎とは、胃の表面の粘膜が赤くなったりただれたりして炎症を起こした状態。

急性胃炎と症状

急性胃炎は、さまざまな原因で起きる胃粘膜の炎症です。十分な注意が必要です。

慢性胃炎と症状

胃粘膜の炎症が長く続いたために、胃粘膜自体が萎縮し薄くなっている状態が慢性胃炎です。

胃潰瘍と症状

胃潰瘍は、胃から分泌される胃酸と、胃酸から胃壁を守る粘液の分泌とのバランスが崩れ、胃酸によって胃壁に孔があいてしまう病気

胃炎・胃潰瘍のセルフチェック

胃炎・胃潰瘍のセルフチェックには最近、食欲がない・早食いである・タバコを吸うなどの項目がある。