HOME > 胃炎・胃潰瘍の予防と対策 > 胃炎・胃潰瘍のセルフチェック

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

胃炎・胃潰瘍のセルフチェック

胃炎・胃潰瘍のセルフチェック
 
□最近、食欲がない。
□食事の時間が不規則ぎみである。
□夕食は遅い時間に摂ることが多い。
□空腹時に腹痛か起こることがある。
□胃もたれをすることが多い。
□早食いである。
□貧皿傾向ぎみである。
□食べ物は好き嫌いがある。
□睡眠不足など不規則な生活をしている。
□ストレスがたまりやすいほうである。
□タバコを吸う。
 
6個以上当てはまった方は胃炎・胃潰瘍かもしれません。
専門医による検査を受けることをお勧めします。

関連ページ

  1. 胃炎・胃潰瘍とは?
  2. 急性胃炎と症状
  3. 慢性胃炎と症状
  4. 胃潰瘍と症状
  5. 胃炎・胃潰瘍のセルフチェック