現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

狭心症とは?

狭心症とは?
 
心臓の筋肉は、冠動脈から酸素や栄養素を取り込んで働いています。この冠動脈が動脈硬化を起こし冠動脈が狭くなると、心筋に十分な血液を供給できなくなり、とくに運動などによって心筋が多量の酸素を必要としたときに、心筋は酸素不足になります。この状態を「虚血」といい、運動をしたときなどに酸素不足になり、息苦しくなるのが狭心症です。

関連ページ

  1. 心臓疾患とは?
  2. 心筋梗塞とは?
  3. 心不全とは?
  4. 狭心症とは?
  5. 心臓疾患のセルフチェック
  6. 心臓疾患予防の注意点