HOME > 心臓疾患の予防と対策 > 心臓疾患予防の注意点

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

心臓疾患予防の注意点

心臓疾患予防の注意点
 
1.禁煙する
タバコは血管や心臓に悪い影響を与えるので禁煙する。
 
2.栄養バランスの良い食事を心がける
食事のバランスを考え、できるたけ偏りのない食生活をする。
 
不規則な生活は改める
睡眠不足や食生活の乱れなどの生活習慣を改める。
 
塩分は控える
食事の時、塩分を摂りすぎないよう注意する

肥満症に注意
肥満症は高血圧・糖尿病などと関係しているので、日頃から肥満にならないように注意する。
 
適度な運動をする
ウォーキングや軽いジョギングなどの軽い運動を行う。
 
ストレスを減らすように工夫する
ストレスは狭心症の発作を起こす危険因子!ストレスが解消できるよう日常生活の工夫をする。
 
血圧のチェックを行う
高血圧を見逃さないよう血圧をチェックする習慣をつける

関連ページ

  1. 心臓疾患とは?
  2. 心筋梗塞とは?
  3. 心不全とは?
  4. 狭心症とは?
  5. 心臓疾患のセルフチェック
  6. 心臓疾患予防の注意点