HOME > がんとは? > がんはどうしてできる?

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

がんはどうしてできる?

がんはどうしてできる?
 
私たちの体は無数の細胞からできていますその数はなんと60兆個ともいわれています。
生命維持のためにいろいろな働きをしている細胞は、DNAによりコントロールされていますが、何らかの原因により細胞のDNAに異常が起きると、周りの細胞とは関係なく、勝手にどんどん増える細胞が発生します。これをがん細胞と呼んでいます。
 
増殖を続けたがん細胞はやがて腫瘍化して、周囲に悪影響を及ぼします。このような細胞の増殖を「自律性増殖」といいます。現在、「自律性増殖」が起きる原因は解明されていませんが、免疫機能が影響しているといわれます。

関連ページ

  1. がんとは?
  2. がんはどうしてできる?
  3. がん予防の注意点