HOME > 肝臓がんの予防と対策 > 肝臓がんの種類

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

肝臓がんの種類

肝臓がんの種類
 
転移性肝臓がん
胃がん・膵臓がん・肺がん・大腸がん・胆のうがん・子宮がんなどから転移して起こる。
 
原発性肝臓がん
B型肝炎やC型肝災などで慢性肝炎を引き起こし、肝硬変に至った場合、肝臓がんになるケースが多い。なかでも、アルコールの摂取の多い方は肝臓がんになる危険性が高い。

関連ページ

  1. 肝臓がんとは?
  2. 肝臓がんの種類
  3. 肝臓がんのセルフチェック
  4. 肝臓がん予防の注意点