HOME > 肝臓がんの予防と対策 > 肝臓がんのセルフチェック

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

肝臓がんのセルフチェック

肝臓がんのセルフチェック
 
□手のひらが他人よりも赤い。
□顔や手足がむくむときがある。
□タバコを吸う。
□運動はほとんどしない
□お酒は毎日飲むい。
□食生活が不規則である。
□疲れやすく疲労感がある。
□食事の栄養バランスは気にしない。
□野菜はあまり食べない。
□肝炎の既往症がある。
□睡眠不足など不規則な日常生活をしている。
□ストレスがたまっている。
□最近体重が急激に減った。
□健康診断などの血液検査でコレステロールや中性脂肪が高いと診断された。
 
7個以上当てはまった方は、専門医による診察を受けることを勧めます。

関連ページ

  1. 肝臓がんとは?
  2. 肝臓がんの種類
  3. 肝臓がんのセルフチェック
  4. 肝臓がん予防の注意点