肺から発生する腫瘍のうちで、悪性のものが肺がんです。肺癌はがん死の中で最も多く、世界中で年間300万人ほどがこの疾患で死亡している。

肺がんのの予防と対策

肺がんとは?

気管支や肺にできるがんで、男性のがん死亡率No1が肺がんです。

小細胞肺がん

小細胞肺がんは、比較的に小さな細胞からなるがんで、肺がんの15~20%を占めます。

非小細胞肺がん

肺がんの多くが非小細胞肺がんで、腺がん、大細胞がん、扁平上皮がんなどに分類されます。

大細胞がん

発症率は10%以下と比較的少ないものの、進行が早く転移も多く見られ悪性度の高い肺がんです。

腺がん

「肺野型」と呼ばれる肺の末梢に発生するのがほとんとで、早い時期には自覚症状がない。

扁平上皮がん

肺門型」と呼ばれる気管支が肺に入った近くに発生するのが特徴で、喫煙と関係の深い肺がんです。

肺がんのセルフチェック

肺がんのセルフチェックには長い期間タバコを吸っている・せきやたんがよく出る・食欲がない・たんに血が混じっていることかあるなどがある。

肺がん予防の注意点

肺がん予防の注意点にはタバコの受動喫煙・排気ガスなどが多い環境はできるだけ避ける・定期的に検査を受けるなどがある。