痛風とは高尿酸血症を原因とした関節炎を起こす疾患である。名称は、「風が吹くだけで痛い」ことからきている。患者の90%以上が男性で、ぜいたくな食生活をすると発症すると言われており、「帝王病」とも呼ばれている。

痛風(高尿酸血症)の予防と対策

痛風(高尿酸血症)とは?

痛風は(高尿酸血症)「風が吹いただけでも痛む」と表現される。

痛風(高尿酸血症)の原因

痛風(高尿酸血症)は足の親指の付け根や足首の関節などに沈着し炎症を引き起こします。

痛風(高尿酸血症)のセルフチェック

痛風(高尿酸血症)のセルフチェックには肉類を好んで食べる・野菜類はあまり食べない・水など水分はあまり取らないなどがある。

痛風(高尿酸血症)予防の注意点

痛風(高尿酸血症)予防の注意点には食生活を改善する・栄養バランスの良い食事を摂る・アルコールを控えるなどがる。