HOME > 痛風(高尿酸血症)の予防と対策 > 痛風(高尿酸血症)予防の注意点

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

痛風(高尿酸血症)予防の注意点

痛風(高尿酸血症)予防の注意点
 
1.食生活を改善する
痛風の人は、高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病を合併していることが多く、力ロリーや塩分を控えるよう食生活の改善が必要です。
 
2.水分を多く摂る
尿中の尿酸濃度をさげるためこ、水分を十分とって排尿の量を増やす。
ただし、アルコール飲料やジュースなどの糖分を含む飲料は避け、お茶や水などが良い。
 
3.栄養バランスの良い食事を摂る
バランスを考えてできるだけ偏りのない食生活をする。
 
4.アルコールを控える
アルコールは、尿酸の生成を促進・排泄を低下させるので注意、特にビールはプリン体を多く含んでいるので注意する。
 
5.ストレスをためない
ストレスを解消できるようにする。
 
6.適度な運動を心がける
ウオーキンクや軽いジョギングなどの軽い運動を行う。
 
7.プリン体を摂りすぎない
 
食品別プリン体含有量
 
プリン体が非常に多い(300mg~)
鶏レバー、あんこう、肺酒蒸し、カツオブシ、ニポシ、干し椎茸、マイワシ干物
 
プリン体が多い(200~300mg)
豚レバー、マアジ干物、サンマ干物、牛レバー、カツオ、大正エビ
 
プリン体が少ない(50mg~100mg)
ウナギ、牛肩ロース、牛肩バラ、牛タン、マトン、ボンレスハム、ワカサギ、豚ロース、豚バラ、ペーコン、ほうれんそう
 
プリン体が非常に少ない(~50mg)
こんぶ、じゃがいも、さつまいも、コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼ちくわ、カズノコ、ウインナソーセージ、豆属、牛乳、チーズ、バター、鶏卵、とうもろこし、白菜、ひじき、わかめ、米飯、パン、うどん、そば、果物、キャベツ、トマト、にんじん

関連ページ

  1. 痛風(高尿酸血症)とは?
  2. 痛風(高尿酸血症)の原因
  3. 痛風(高尿酸血症)のセルフチェック
  4. 痛風(高尿酸血症)予防の注意点