膀胱がんとは膀胱に出来た腫瘍のことですが、そのほとんどが悪性腫瘍です。発生率は10万人あたり約5~8人で、男性のほうが女性より4倍なりやすく、50歳をこえると発生頻度は高くなり60~70歳台が最も多い。

膀胱がんの予防と対策

膀胱がんとは?

膀胱がんは主に膀胱壁に悪性腫瘍ができるがんで、60歳代に発症することが多い。

膀胱がんセルフチェック

膀胱がんセルフチェックには排尿の回数が増えた・尿の出が悪くなった・膀胱炎になりやすくなったなどがある。

膀胱がん予防の注意点

自覚症状に注意し、1回でも血尿があった場合は症状がなくても専門医の診察を受ける。