HOME > 子宮がんの予防と対策 > 子宮がんセルフチェック

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

子宮がんセルフチェック

子宮がんセルフチェック
 
□腰や背中が神経痛のように痛む。
□今までに婦人科の検診は受けたことかない。
□月経不順などの月経異常がある。
□月経時以外に性器からの出血がある。
□だるさなどを感じる。
□性交渉で性器から出血する。
□下腹部が張ったような違和感がある。
□おりものが増えて下着が頻繁に汚れる。
□排尿や排便がしにくい。
 
6個以上当てはまった方は、婦人科を受診することをお勧めします。

関連ページ

  1. 子宮がんとは?
  2. 子宮がんセルフチェック
  3. 子宮がん予防の注意点