HOME > 更年期障害の予防と対策 > 更年期障害とは?

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

更年期障害とは?

更年期障害とは?
 
閉経の前後に相当する45~55歳頃の数年問に現れる身体の不快な症状を更年期障害といいます。
 
更年期を迎える頃は、卵巣機能が衰退しエストロゲンの量が低下していきます。
変化に身体が慣れるまでの問に、さまざまな症状が出ることがあります。

関連ページ

  1. 更年期障害とは?
  2. 更年期障害セルフチェック
  3. 更年期障害の治療