HOME > 骨粗しょう症の予防と対策 > 骨粗しょう症予防の注意点

現代社会において、いかに健康的に毎日を過ごせるか?と誰もが感じているでしょう。近年の医学は病気になってから直すのではなく病気になる前に予防する医学、セルフケアが重視されてきています。 日頃から病気についての正しい知識を得て不規則な生活習慣を改善しましょう。 「家庭の医学 病気の症状と予防法」では各病気を自分でチェックできるページを設けています。一般的な内容でまとめていますので簡単に自己診断できます。

骨粗しょう症予防の注意点

骨粗しょう症予防の注意点
 
1.カルシウムを多く摂る
骨のもととなるカルシウムを多く含んだ食品を、意識して摂ることが大切で、牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品また小魚・豆腐・納豆・ひじきなど。
 
2.日光にあたる
ビタミンDは、太陽の紫外線にあたることで活性型となり骨の形成を促進させる。
 
3.継続的に運動する
運動することにより骨に力が加わると、その刺激に反応して骨を作る細胞が活発に働く。
散歩などの体に負担が少ないものを、継続することが大切です。

関連ページ

  1. 骨粗しょう症とは?
  2. 骨粗しょう症セルフチェック
  3. 骨粗しょう症予防の注意点